高校生の勉強方法

高校生国語の古文の勉強法は?わかりやすく解説します。

高校生古文の勉強方法は?

高校生で習う古文をどうやって勉強したらよいのかわからない方々も多いのではないでしょうか?

同じ日本語なのになぜこんなに外国語のように読みにくいのか…と悩んでいる方々もおられるでしょう。

ここでは、私の経験を基に高校国語古文の勉強法をご紹介します。

 

基本は文法と単語

 

古文も言語である以上、文法と単語さえわかれば基本的に読めるようになるはずです。

そこでまず、文法で重要になるのが動詞や助動詞などの理解となります。

ここが理解できていないと古文が読めませんので、確実にものにしておく必要があります。

具体的は、動詞や助動詞の活用の変化やその意味を暗記することです。

高校の授業でもこれはやらされるので、たとえば助動詞きの活用である「せ ○ き し しか ○」の暗唱など、皆さんも馴染みがあるかもしれません。

しかし、全体として覚える量は短期間で覚えられる量なので、参考書なりでぜひ短期間で覚えることをおすすめします。

私の場合は、参考書に載っている覚え方の歌を歌ったり、自分なりの無理矢理な語呂合わせの暗唱などをして覚えていきました。

そして、忘れた頃にまたそれで思い出すという作業を繰り返して、それで受験に対応できました。

次に単語ですが、これは古文の単語帳を使って覚えるのがよいです。

おおよそ、センター試験レベルならば400語ぐらい覚えれば十分でしょう。

私の場合は、ありがたしなど現代語と意味の異なる単語を特に念入りに覚えました。

古文の基本である文法と単語はできれば、高校生の早い段階で身につけておきたいものです。

 

文章に慣れる

 

文法などを身につけたら、とにかく文章に慣れることが重要です。

古文の場合、文の主語が誰なのか、誰に対する敬語なのかなどを理解することが重要になってきます。

そのためには、問題を解いて文章に慣れていくのがよいです。

古文は現代文とは異なり、文法などを暗記していればそれなりに問題には対応できるので、基本が身についていればこの勉強もつまずくことはないはずです。

問題を解いていくうちに文法や単語のわからない箇所があったならば、そこで基本に戻って復習すればよいでしょう。

私の場合は、一冊の問題集を繰り返して見直しました。

その際、問題中の文章の品詞を分解して、現代語訳と見比べることをしたのです。

そうすることで、文法などの理解がスムーズになりました。

よって、問題形式に慣れる意味でも古文の問題集をすることをおすすめします。

 

まとめ

 

高校の古文はまずは文法や単語といった基礎をしっかり固める必要があります。

そしてその後に文章に慣れていけばよいでしょう。

ちなみにセンター試験レベルならば、短期間の勉強で高得点を狙えるようになります。

よって、古文に苦手意識があってもとりあえず勉強しようとする気持ちが重要です。

高校生現代文の勉強方法。読解力が重要に!

国語の勉強方法

高校生の現代文の勉強法と言われても、ピンと来ない方々は多いはずです。

私も高校時代の最初の頃は現代文の勉強法がいまいちわかりませんでした。

しかし、受験のための問題をこなしていくうちに少しずつつかんできたのです。

ここでは、私の経験を基に高校国語の現代文の勉強法をご紹介します。

 

基本は読解力をつける

 

小学校、中学校の現代文ならば、何となく勘で問題を解くことも可能だったでしょうが、高校レベルになると読解力がないと問題を解くのは厳しいです。

具体的には、評論文ならば作者の言いたいこと、小説ならば人物の心情などを正確に読み取る必要があります。

多分こうだろうなどという思い込みで決して問題を解いてはいけないのです。

では、その読解力はどうすればつくのかというと、やはり評論文や小説を繰り返し読むことに限ります。

私の場合は、最初は現代文の問題を手当たり次第やっていましたが、それではあまり意味がないことに気づきました。

そこで、今までやった問題の評論文にしろ、小説にしろ、設問を解くことをせずに何回かじっくり読むことにしたのです。

何回か読むにしたがって、段々と作者の言いたいことなどがわかるようになってきました。

その後に新たな現代文の問題を解いてみると、選択問題における正誤がある程度判別できるようになったのです。

よって、同じ問題を繰り返し読んで読解力をつけるのは基本と言えます。

 

漢字と熟語などの基本事項も

 

漢字や熟語などの知識は、受験対策としても重要です。

これは一朝一夕で何とかなるものではないので、日頃からの積み重ねが重要です。

もちろん、漢字の問題集などを使って一気に覚えるのも有効といえば有効なのですが、できれば高校の授業中などで出てきたわからない漢字などはそのつど覚えていくのがよいです。

私の場合は、日頃は受験の過去問や問題集などでわからない漢字や熟語が出てきたらその度に覚えておくことにしていました。

そして受験の直前には、漢字の問題集などを使って、知識をインプットしておいたのです。

また、たとえば小中学校レベルでいうと、「対象」「対照」「対称」の意味のちがいといった同音異義語やニュアンスの微妙な差があるなど問題に出やすいものを特に注意して覚えていきました。

さらに、漢字や熟語は小論文を書くときにも重要な知識になるので、小論文を受験する予定ならば覚えておいて損はありません。

小論文においては、これらはミスすると減点対象になる事項ですので、できることならばきちんと書けるようにしておくとなおよいです。

 

まとめ

 

高校の現代文の問題を解くには読解力が重要になるので、できれば高校生のうちの早い段階から繰り返し問題文を読む癖をつけたいです。

また漢字や熟語も受験では点数を落としたくない箇所なので、日頃からしっかり身につけておきたいものです。

高校生国語、漢文の勉強法がわからない方に。暗記ポイとを教えます。

高校生漢文の勉強方法

高校生の漢文の勉強は難しいというイメージはないでしょうか?

しかし、実は高校の国語で漢文が一番勉強しやすく、テストでも点が取りやすいのです。

文章自体も短いものが圧倒的に多く、独特ですが読みやすい傾向があります。

ここでは、私の経験を基に高校国語の漢文の勉強法をご紹介します。

 

文法や単語は一気に覚える

 

漢文は難しそうに見えますが、実際には覚えるべき事項が非常に少ないです。

文法と言うべき句法や覚えるべき単語を合わせても200ぐらいなのです。

これは英語や古文と比べて、かなり少ないことがわかります。

よって、漢文の文法や単語は短期間で一気に覚えるのがおすすめです。

また、漢文は「未だ~せず」「宜しく~すべし」など読みやすくわかりやすいものが多く、覚えにくいものはほとんどありません。

どんなにゆっくり勉強しても、おおよそ三週間ほどあれば、基本事項はほぼ覚えられるはずです。

私の場合は、市販の問題集などは使わず、学校のワークで高校二年のときに一気に覚えてしまいました。

その後も受験まで文法などの勉強はそれ以上一切せず、問題を解きながらちょっと見直すぐらいのことしかやっていませんが、センター試験レベルならばそれで十分対応できました。

よって、漢文の基本的な勉強は、学校の授業で習うことの復習を一気にすれば大丈夫です。

もちろん、入試一ヶ月前ぐらいに勉強し始めても十分に間に合います。

 

漢文独特の形式に慣れる

 

基本的な勉強が終わったならば、後は実際の問題形式に慣れる必要があります。

問題を解き、余裕があるならば書き下し文を音読することもよいです。

漢文は独特の形式で読むときのリズムもよいので、実際に音読して慣れていくのも場合によっては有効なのです。

また、二重否定や反語も漢文ではよく使われるので、これらの文章に慣れておくことも重要です。

私の場合、基本的に問題集などは使わず、センター試験の過去問を使って勉強しました。

何回か問題を解いて、実際に文章を読んで慣れていったのです。

その際、句法を使った漢文独特の言い回しやストーリーを注意して読んでいきました。

この方法で、センター試験の漢文は満点を取れましたので、センター試験レベルならばこの方法で十分です。

 

まとめ

 

高校漢文は、まず学校で習うことを復習することがまず重要です。

実際、文法などの基礎はその勉強で必要十分なのです。

そして、その後に入試の問題形式に慣れていけば心配ありません。

基本的には暗記すれば、漢文では得点を取れます。

また漢文は覚えることも少なく短期間で完成できるので、入試ではぜひ満点を目指したいものです。

高校生英語の定期テスト対策は何をすればいいの?解説します。

高校生英語の勉強法のコツは?

高校の定期テストの英語の勉強法で悩んでいる方々はいませんか?

勉強する暇がない、部活が忙しいなど理由は様々あるでしょうが、できるだけ赤点は取りたくありませんね。

ここでは、私の経験を基に高校生の英語定期テストの勉強法をご紹介します。

 

日頃からの定期テストへの意識を持つ

 

テストの数日前になって、慌てて一気に詰め込んで勉強していませんか?

もし暗記が得意であるのならばこの方法も有効かもしれませんが、高校の定期テストは科目も多く、範囲も広くなりがちなため、大部分の方々は一夜漬けなどで勉強しても思ったように点は取れないでしょう。

そこで、日頃から常に定期テストのことを考えることが重要だと言えます。

私の場合は、授業中はノートをきちんととる、先生が黒板に赤字で板書したものは覚えるという当たり前のことを徹底しました。

英語であるならば、教科書内の重要なセンテンスを覚えて、和訳と英訳どちらでもできるようにすることがポイントです。

よって、ノートにとったものはその日のうちに赤字で書いたものだけでも覚えておくのがよいです。

これをやっておくだけで、テスト直前の勉強スピードがかなりちがいますので、おすすめです。

また、英語担当の先生の出題傾向を把握しておくのも有効です。

私の場合は、英作文を出題するような先生ならば、そこに配点を多くするので、その勉強を重要視していました。

これは、先生によって対策が違いますので、自分の英語の先生の出題の特徴を理解しておく必要があります。

 

直前でやる箇所を残しておく

 

テスト範囲が分かるのはテスト二週間前ぐらいでしょうから、そこからの勉強法を考える必要があります。

英語だけ勉強すればよいわけでななく、しかもその英語も2科目あったりとなかなか難しいものです。

私の場合は、テスト範囲が分かると、英語は上記の重要センテンスの見直ししかやりませんでした。

それ以外のたとえば、教科書以外の単語帳からの出題範囲の勉強などはまだ手をつけず、その分他教科の勉強に時間を費やしたのです。

つまり、単語や連語など一日で覚えようと思えば覚えれるものは、テスト一週間前などの直前で一気に暗記したのです。

テスト範囲を直前にまるごと一気に詰め込んでも結果は出しにくいものですが、これならば労力を抑え、勉強スピードも速くできます。

私はこの方法で、高校時代は英語で3年間どの科目も評価5を取ることができました。

 

まとめ

 

定期テストの勉強法は、英語も基本は暗記が全てですが、その勉強法が重要だと言えます。

範囲内を一気にまとめて覚えるのは大変ですので、テストまでの日数に応じてメリハリをつけるのが有効です。

もちろん定期テストは英語だけではなく、他教科も疎かにできないので注意ですね。

高校生英語のセンター試験対策とは?得点力upのコツは?

センター試験対策英語

高校英語のセンター試験の勉強法と聞かれて、何をしたらよいのかわからない人も多いでしょう。

センター試験を利用する大学で、英語が受験科目に含まれないことはほとんどありません。

よって、センター試験で英語でよい点をめざすことは、受験生にはほぼ必須の課題になりそうです。

ここでは、私の経験を基に高校生のセンター試験に向けた勉強法をご紹介します。

 

問題に慣れて、苦手箇所を見つける

 

まずは、英語のセンター試験の出題形式を理解する必要があります。

また、センター試験の英語の出題レベルをチェックするのも重要です。

そのためには、何年分か過去問をやってみるとよいです。

何年分か解いてみると、おおよそどのようなことが問われるかわかってきます。

加えて、どのくらい自分の力が通用するのかもわかるはずです。

たとえば、ほとんど問題が解けない場合は、単語力、文法ともに基本的なものからやり直す必要があります。

そして、次にセンター試験の出題形式に合わせた勉強をするのがおすすめです。

私の場合、長文読解は得意でしたが、単語の発音や連語に不安があったので、センター試験レベルの単語を単語帳を使いながら、繰り返し勉強しました。

センター試験直前も単語を覚えることを徹底して、なんとか英語は約8割ほど点数が取れました。

よって、対策としてセンター試験の出題形式で苦手な箇所を勉強してくのがよいでしょう。

もし全く歯が立ちそうにないのならば、センター試験は基本的な事項しか問われないので、センター試験用の参考書や問題集などで基本事項から復習すべきです。

 

英検取得を目指すのもよい方法

 

受験まで時間に余裕があるのならば、英検の勉強をしてみるのもおすすめです。

出題が似ている箇所もかなりあるので、その勉強はセンター試験受験生にとって無駄にはなりません。

英検2級がおおよそセンター試験レベルの出題なので、これを目指すのがよいでしょう。

私も英検2級を高校時代に取得しましたが、その勉強がセンター試験にもかなり役立ちました。

特に、長文読解が英検の勉強のおかげでかなり得意になれたのはよかったです。

よって、英語の受験勉強で何か成果が欲しいときは、英検取得を目指すのがよいです。

 

まとめ

 

繰り返しになりますが、センター試験は基本事項しか問われないので、とにかく単語にしろ、文法にしろ基本的なものを覚えることが重要です。

また、私自身の個人的な目安として、英検2級取得できればセンター試験でも8割はとれます。

最終的には、センター試験の出題で自分の苦手な箇所を見つけて、それを克服す

高校生の国語の勉強方法とは?センター試験対策もこれで万全。

センター試験対策高校生国語

国語はセンスだから、勉強しなくてもだいたい解ける、と思っていませんか。そう思っていると危険です。小説文は解けるかもしれませんが、他の分野が全滅に近いでしょう。国語もちゃんと対策をしなければなりません。今回は、センター試験対策として、現代文・古典の勉強方法をまとめました。

まず、センター試験では、大問1評論文、大問2小説文、大問3古文、大問4漢文、と決まっています。どれから解くかは好みに任せますが、自分が得意だと思うものから解くと、精神的に焦らずに問題に入っていけます。また、それぞれの目標時間配分を示しています。国語は80分あるので、合計目標時間はそれよりも短く設定しています。余った時間は、見直しをしましょう。
また、問題を解くときは、①最初の大問の説明文を読む、②設問を読んで何を問われているかを把握する、③該当部分の問題文を読む、④解答する、という流れで解きます。そうしないと、問題文と設問を行ったり来たりすることになり、時間がかかるからです。

 

現代文(評論文):目標25分

評論文が一番目標時間が長いです。つまり、一番解きにくいということです。ここでは、「言い換え」がよく出てきます。そのため、言い換え部分がわかったら、問題文に丸印をつけて線でつないでわかるようにしておきましょう。また、「比較」もよく出てきます。比較している部分がわかったら、矢印をつけておいて、見た目でわかるようにしておきましょう。設問を解くときは、たいてい消去法で二択まで絞れますので、そこから問題文の内容をくみ取り、解答を導き出しましょう。さらに、最後の設問ではその評論文が何を述べたかったのかについて問われるので、設問を解きながらその文章の根本は何なのかを理解するようにしましょう。

 

現代文(小説文):目標20分

ここでは、「比喩」がよく出てきます。登場人物の心情を表すのに風景を使ったりします。そこで、背景の描写は何を表しているのか、登場人物の感情はどうなっているのかを考えながら問題文を読んでいくといいでしょう。

 

古文:目標20分

単語と文法をしっかりと覚えておきましょう。そうしないと、異なる意味で現代文訳をしてしまいます。たとえば、「なし」の未然形+ばの「~なからば」だと「~ならば」の意味になります。一方で、已然形+ばの「~なければ」だと「~なので」と意味が変わってきます。また、単語では、「をかし」、「あはれ」など、現代語と古文で意味の違う単語はよく意味を問われます。さらに、古文では主語がないことが多いので、文脈から誰がその行動を取ったのかを判断する問題がよく問われます。

漢文:目標15分

単語と文法を覚えましょう。あとは、漢文独特の漢字の意味や読まない漢字を覚えておきます。返り点は完ぺきにしておきましょう。漢文は教訓を説いているものが多いので、そのあたりも頭に入れながら読んでいくと理解しやすいです。

 

まとめ

国語はそれぞれ対策方法が異なりますが、設問を読んでから問題文を読むパターンは同じです。国語ですが感覚的には解けないので、単語や文法をしっかりと身につけて解答を見つけていきましょう。

高校生物理の勉強方法とは?苦手にしないためのコツは必見です。

高校生物理の勉強方法は?

物理は計算がいっぱいあって面倒だと思っていませんか。実際に、計算は大変ですが、公式を覚えていたら解ける問題です。あとは、問題文の図の想像がつかなかったりしますよね。自分で図を描いて、数値を書き込んで整理しておきましょう。ここでは、それぞれの分野のポイントをまとめてみました。

 

力学

まずは、記号の意味、単位を覚えましょう。たとえば、中学で習ったN(ニュートン)はkg・m/s2です。J(ジュール)やPa(パスカル)もkgやmなどに変換できるようにしましょう。ここでは、垂直投げ上げや斜面から物体が落ちる問題がよく出ます。そのときは、x方向、y方向別々に考えます。物体が静止している場合には、力のつりあいの式を書きます。物体が運動している場合には、運動方程式ma=F(m:質量、a:加速度、F:力)を立てます。そして、連立方程式で力や加速度を計算します。その後、等加速度運動の公式を用いて速度や時間などを求めましょう。また、力学エネルギー保存の法則より、運動エネルギー1/2mv2と位置エネルギーmghの和は一定なので、そこからも計算できます。また、円運動の公式F=mv2/r、F=mrω2や、フックの法則F=kx、運動量保存の法則なども覚えておきましょう。

 

電磁気

コンデンサーの入った回路の問題がよく出ます。基本の公式Q=CV(Q:電気量、C:電気容量、V:電位差)は押さえておきましょう。また、オームの法則とキルヒホッフの法則の意味を理解しておきましょう。あとは、面倒でも数値を図に書き込むくせをつけましょう。磁場では、フレミングの左手の法則を使うと楽です。親指・人差し指・中指が何を指すのか、覚えておきましょう。

 

熱力学

理想気体の状態方程式PV=nRT(P:圧力、V:体積、n:モル数、T:絶対温度)を覚えましょう。Rは気体定数といって、8.3J/mol・Kです。単原子・分子の理想気体の内部エネルギーU=3/2nRTで表されます。最後に、熱力学第一法則ΔQ=ΔU+PΔVを理解しましょう。気体が熱を吸収した場合、ΔQはプラスになります。その分、内部エネルギーの増加ΔUが増えるか、気体が外にする仕事PΔVがプラスになります。

 

波動

基本式v=fλ(v:速度、f:振動数、λ:波長)を覚えましょう。また、波の問題では三角関数をよく使うので、数学で復習しておきましょう。ドップラー効果の問題がよく出ます。観測者や音源の速度により、振動数が変化することを押さえておきましょう。

 

原子物理

二次試験で少し問われる程度なので、センター試験のみの人はほとんど覚えなくて大丈夫です。

まとめ

物理は公式がたくさん出てきます。どの問題にどの公式を使えばいいのかは、問題をたくさん解くことによって慣れるしかありません。また、物理では単位が重要です。公式が思い出せなくても、単位さえわかれば解けることもあります。そのため、公式と単位の暗記はしっかりしておきましょう。

高校生の数学の勉強方法が気になる人へ。1からコツを教えます。

高校生数学の勉強法

高校数学って、中学のころよりとても難しくなる印象がありますよね。実際に、数倍難しくなっているので、挫折してしまう人もいるかと思います。また、日々のテスト対策と大学受験対策では、問題のこなし方が変わってきます。そこで、定期テスト対策、センター試験対策、二次試験対策について述べたいと思います。

 

定期テスト対策:予習

みなさんは、数学の授業の前に予習はしていますか。数学は復習も重要ですが、それよりも予習の方が重要です。授業を復習の時間にしてしまいましょう。方法としては、ノートのページを縦半分に割り、左側に教科書の問題を解きます。公式などはまだ習っていないので、難しいとは思いますが頑張って解きましょう。この時点では、右側は白紙にしておきます。授業で正しい解き方がわかりますので、自分の解き方や考え方が間違えていた場合に、右側に書き込みをしましょう。このノートが自分の苦手がわかるオリジナルノートになります。苦手なところをメインに問題集などで復習すれば、定期テスト対策はばっちりです。

センター試験対策

センター試験の問題は、出題されやすい問題や傾向、解き方などが決まっています。まずは、その形に慣れる必要があります。センター試験の過去問を解き始めるのは、高校3年生の夏ごろからで大丈夫です。それまでは、それぞれの分野の復習をしておきましょう。過去問は大問1つだけでもいいので、毎日解きましょう。最初は時間を気にしなくていいですが、後半は時間を計って解くようにします。角度の問題は、30°、45°、60°、90°などの決まった数字しか出ませんので、問題が解けない場合にはどれかを代入してみて解くのもアリです。

 

二次試験対策

まずは、受験する大学の赤本(二次試験の過去問)を購入しましょう。これを参考書だと思って、丁寧に解いていきましょう。参考書なので、解くのにかかった時間は気にしなくて大丈夫です。解答を見てもわからない問題があったら、学校の先生に質問しましょう。何回も繰り返し解いて、本がぼろぼろになるまで使いましょう。解き始める時期は、高校3年生の夏前から始めるのが理想です。センター試験の結果によって受験する大学を変えるかもしれませんが、センター試験と二次試験の問題はまったく違います。センター試験はマークシート方式なので解答が誘導されていますが、二次試験では自分ですべて解き進めなければなりません。そこで、早めに解いて慣れておきましょう。

 

まとめ

数学は、勉強する範囲が広いので、大変ですよね。また、どのテストに対して対策するのかによって勉強法が変わりますので、参考にしてください。ぜひ、数学を得意教科にしてください