小学生算数に苦戦しているあなたや保護者の方へ。コツを教えます。

小学生数学の勉強法

小学生のための算数の勉強法を悩んでいる人は多いでしょう。

小学生の算数の勉強法のポイントは繰り返しです。
何回も何回も繰り返しやることで身につくのが算数です。
計算のパターンを頭に叩き込んで、いかに早く問題を解けるようにするかが算数の勉強のポイントです。
算数の勉強法を説明していきます。

 

まずは、授業をしっかり聞く

 

算数は自分の努力だけでも成績を上げることはできます。
公文がいい例ですが、何回も繰り返し練習することで理解力が増します。
しかし、自己流だと間違えて答えを覚えてしまうことがあります。
まずは、授業で先生の話をしっかり聞いて、正確な答えを覚えましょう。
文章問題は特にそうです。
文章問題もパターンが決まっていますが、微妙に数字が違ってます。
同じパターンの問題でも、各問題で答えが違うことがあります。
問題を良く読む習慣をつけるためにも、まずは授業に集中しましょう。

 

計算ドリルや問題集はたくさんやろう

 

算数は繰り返しやることで理解し、何回も同じ問題を解くことでスピードも上がっていきます。
授業でも問題を解きますが、家での予習や復習は計算ドリルや問題集を使って行いましょう。
計算ドリルで、授業とはまた違う問題を解くことで、計算力や理解力がアップします。
問題集で、色んなパターンの文章問題を解くことで、解ける問題のバリエーションが増えます。
1回できたから満足するのではなく、何回も解いて頭にパターンを焼きつけましょう。

 

算数が苦手な子供へのアドバイス

 

算数が苦手な子供には、音読をオススメします。
音読をしながら計算力問題や文章問題を解きます。
声に出すことで、脳が働きます。
計算のスピードは気にせず、声に出して計算をすると、理解力が上がります。

算数が苦手な子供は周りの子供のスピードに合わせようとして焦って焦ってしまいます。
焦ったことで、間違えて答えを記入してしまったり、問題の読み違いをしてしまいます。
まずは、自分のできるペースで計算練習をしましょう。
ゆっくりでいいです。
最初はゆっくりですが、繰り返しやることでスピードはどんどん上がっていきます。
途中でつまずいたら、またゆっくりその問題を解きます。
音読をしながら解いて、問題をじっくり理解しながら解きましょう。
何回も解いて慣れていきましょう。
自然とスピードも上がります。

 

計算力を上げるためにゲームも活用しよう

 

携帯やタブレットの無料アプリで、最近は無料でできる計算ゲームがたくさんあります。
タブレットを持っているご家庭が増えてます。
ぜひ、お子さんに計算ゲームのアプリで遊ばせてあげてください。
ただし、あんまり長時間やるとゲームに夢中になり、他のことをやらなくなるからです。
1日30分までと時間を決めてやりましょう。
30分でどのくらい解けるか、この目標を立ててやると、計算のスピードも上がります。
算数は集中力も必要です。
時間を決めて短時間集中するだけで、かなり集中力がアップします。

 

まとめ 小学生のための算数の勉強法

 

授業をしっかり聞いて解き方を覚える
計算ドリルや問題集はたくさんやる
算数が苦手な子供は音読をしながら計算をする。スピードは気にせず、ゆっくり何回も同じ問題を解く。
ゲームも活用して、楽しく算数を勉強する。

小学生の算数は、とにかく繰り返しやることです。
何回も何回も問題を解いて理解して、計算スピードを上げていきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*