小学生理科の勉強法やコツは何?わかりやすく解説します。

小学生理科の勉強法

小学生のための理科の勉強方法とはなんでしょう?

小学生の理科は、国語・算数・社会・英語と比べても比較的点数の取りやすい教科です。
なぜ、点数が取りやすいかと言いますと、理科には実験や科学教室があります。
楽しみながら勉強できるのが理科で点数が取りやすいポイントです。
楽しみながらやったことは、しっかり覚えているのです。
その点を踏まえて、理科の勉強法を説明したいと思います。

 

先生の話しをしっかり聞く

理科と社会の共通点は、先生が授業で話すことがそのままテストに出ることです。
先生の話しを聞いてないと点数成績アップには繋がりません。
理科の授業は聞いてて楽しいことや興味のあることばかりです。
しっかり授業を聞いていれば、あっという間に授業が終わります。
理科の場合、先生がノートを書く時間を作ってくれます。
図や絵を描いて説明もしてくれます。
理科の場合は、しっかりノートを取るようにしましょう。
絵や図で描くことは、しっかり覚えることができます。

 

参考書をよく読んで理科をもっと楽しむ

最近の理科の参考書は、漫画で書かれている参考書もたくさん増えました。
楽しみながら覚えることが理科の勉強のコツです。
漫画は文字だけよりも、イメージが覚えやすいです。
理科の場合は、絵や社会を見て答える問題が多いので、漫画のほうがより覚えやすくなっています。
理科に興味を持つキッカケになるので、参考書はぜひ漫画で書かれているものを選びましょう。

 

予習・復習をする

理科も予習・復習が大事です。
理科の場合は、楽しみで興味がある人が多いので、予習はスムーズにできます。
今日はどんな実験をするのだろうとか、どんな生物の勉強をするのだろうと興味を持つことが大事です。
授業で習う範囲を教科書で読んでおきましょう。
参考書を持っている場合は、さらに参考書で同じ範囲を読んでおきましょう。
参考書を読むのは自宅で読みましょう。
授業前に教科書を読む時間があれば、より授業を受けた時の理解度が増します。

復習ですが、理科の授業を思い出しながら教科書を読みましょう。
思い出しながら読めば、より頭に記憶されやすくなります。
さらに参考書を読めば、しっかり頭の中に記憶されます。

理科に興味を持ってもらうためにサイエンス教室に行こう
理科の成績が上がらない子供は、興味がないから覚えません。
理科に興味を持ってもらうには、実験体験や科学教室などサイエンス教室に行くのがオススメです。
サイエンス教室では、顕微鏡を使った実験ができたり、アルコールランプを使った実習も行います。
学校の授業でやることよりも、より楽しく興味が科学に興味が持てる内容の授業になってます。
自分で実験ができることで、理科に興味を持ってくれます。
興味を持てば、理科の授業も積極的に受けるようになります。
理科が苦手な子供には、ぜひサイエンス教室に連れて行ってあげましょう。

 

まとめ 小学生のための理科の勉強法

 

授業で先生の話をよく聞く
ノートはしっかり取るようにする
図や絵もしっかりノートに書いて、記憶しやすいようにする
参考書は漫画で書かれているものを選ぶ
予習・復習をする
理科に興味を持つために、サイエンス教室に行く

理科は何よりも楽しむことが大事です。
楽しんで覚えたことは記憶に残りやすいです。
興味を持つことで、さらに勉強の意欲も増します。
理科が苦手な子供には、理科を楽しむキッカケになる実習やサイエンス教室に連れて行ってあげましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*