中学生の理科、物理の苦手解消方法。暗記のコツ伝授。

理科の物理分野は計算が多くて大変ですよね。図に描き入れる問題も出るので、面倒だと思います。けど、ポイントさえ押さえれば大丈夫です。テストでは、どういう問題が出やすいか、どう対策すればいいかを教えます。

 

単元別暗記方法

・光
光では、凸レンズの問題がよく出ます。物体を焦点よりも遠くに置いた場合と近くに置いた場合で、できる像が異なります。自分で凸レンズと焦点を描き、①焦点より遠い所に置いた場合、②焦点に置いた場合、③焦点より近い所に置いた場合、の3種類を描きわけて、それぞれの特徴をつかんでおきましょう。

・音
波の図を見て、音が大きいのか高いのか、わかるようにしましょう。また、ドップラー効果の意味は覚えておきましょう。音が壁に当たって何秒後に帰ってくるか、などの計算問題が出やすいです。「道のり=速さ×時間」の公式を使って、解けるように練習しましょう。1kmを1000mに直すなど、道のりと速さと時間の単位を合わせることを忘れないようにしましょう。

・電流、電圧
直列回路と並列回路で、それぞれの抵抗にかかる電流と電圧が異なることを覚えておきましょう。オームの法則を使う計算問題が出やすいです。自分で回路図に電流や電圧、抵抗を書き込んで、整理して解きましょう。また、ときどきですが、電流計と電圧計のつなぎ方、針の読み方が問われることがあります。電化製品などで聞いたことがあるワットとは、「W(ワット)=V(ボルト)×A(アンペア)」で計算できます。

・磁界
磁石のN極からS極に向けて、磁界が発生していることを押さえましょう。また、磁界が発生すると電流が流れます。右手の法則、右ねじの法則を覚えておきましょう。電磁誘導、直流・交流の意味まで理解したら、完ぺきです。

・物体の運動
まずは、物体に重力や垂直抗力などのどんな力がかかっているか、図に描きこめるようになりましょう。また、作用・反作用の法則、慣性の法則を理解しておきましょう。計算問題としては、等速直線運動が出やすいです。等速直線運動では速さは一定なので、時間に比例して距離が伸びることを理解しましょう。1秒間に50~60打点する記録タイマーを使って、物体の速さを求める問題も出やすいです。図を見て何秒間に何cm進んだかをまとめておいて、「道のり=速さ×時間」の公式より、瞬間の速さや平均の速さを計算しましょう。

・エネルギー
力学的エネルギー保存の法則を覚えましょう。位置エネルギーが最大のときは運動エネルギーが0で、運動エネルギーが最大のときは位置エネルギーが0となります。振り子の問題や坂道で物体を離す問題で出やすいです。

・仕事
力は、質量100gで約1N(ニュートン)であることを覚えましょう。仕事は、「J(ジュール)=N(ニュートン)×距離(m)」で計算します。このとき、移動した距離と同じ方向にはたらいた力のみで計算する点に注意しましょう。仕事率は、「W(ワット)=J(ジュール)÷時間(秒)」です。

 

まとめ

物理分野は、単位と公式を覚えておけば、計算問題が解けるようになります。単位を合わせる点にだけ注意しましょう。あとは、図に描き込むという作業ができるようになれば、理解しやすくなります。出題されやすい問題は決まっているので、似た問題を何回も解いて得意にしておきましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*