小学生の社会を苦手にしない勉強方法やコツをお伝えします。

小学生の社会

小学生の社会の勉強は、本格的には小学3年生から始まります。小学1年生、2年生では。生活科という名前です。社会は日々の生活に必要な情報をたくさん教えてくれる教科なので、しっかりと覚えていきたいですね。そこで、社会の勉強の仕方を紹介します。

 

生活科

信号や道路標識など、通学で必要な情報を学びます。たとえば、一緒に出かけるときは、「この色の信号のときはどういう意味かな?」と質問して、理解を深めましょう。

 

地理

日本に住んでいるからには、47都道府県を言えるようにならないといけないです。47都道府県の名前と場所、県庁所在地は暗記しましょう。家でも学習できるように、日本地図を貼っておくといいでしょう。そのあと、各地域の特徴について触れてあげましょう。さらに、地図記号まで暗記できたら完ぺきです。また、世界の国々も覚えていけるといいので、世界地図も一緒に貼るといいです。たとえば、テレビ番組で出てきた国が世界地図のどこにあるか、一緒に探してみましょう。

 

工業

日本には、さまざまな工業地帯があります。なぜ、その地域が工業地帯として発展したのか、説明できるといいでしょう。工業には、軽工業と重工業があり、その違いにも触れましょう。また、工業でかかせないのが公害です。その中でも、四大公害病がどこで起きたのか、何が原因だったのかを押さえましょう。

 

歴史

小学校では、日本の歴史について中学校の導入として軽く触れます。細かいことをしっかり暗記するのは中学生からでいいので、現在の日常の生活に歴史がどのように絡んでいるのか説明してあげましょう。たとえば、日光東照宮に旅行に行ったとします。そこで、「日光東照宮は江戸幕府を作った徳川家康のお墓なんだよ」と伝えていくことで、現在建っている建物に日本の歴史が深くかかわっていることを理解してくれます。そうやって、日本の歴史に興味をもってくれるきっかけを作ってあげましょう。

 

公民

憲法、国会、選挙などの基本を習います。日々のニュースで出てくるような用語が出てくる分野ですので、一緒にニュースを見ながら解説してあげるといいでしょう。たとえば、選挙に投票に行くときには、「選挙とは何をするところで何歳以上だとやらなければならないものだ」ということを伝えてあげましょう。

まとめ

小学生の社会の授業は、中学生の勉強の基礎になります。そこで、細かいことは中学生で習うので、それぞれの分野の全体像に触れておきましょう。また、毎日の生活の中で、社会が深くかかわっていることに興味をもってくれるように会話

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*