高校生英語の定期テスト対策は何をすればいいの?解説します。

高校生英語の勉強法のコツは?

高校の定期テストの英語の勉強法で悩んでいる方々はいませんか?

勉強する暇がない、部活が忙しいなど理由は様々あるでしょうが、できるだけ赤点は取りたくありませんね。

ここでは、私の経験を基に高校生の英語定期テストの勉強法をご紹介します。

 

日頃からの定期テストへの意識を持つ

 

テストの数日前になって、慌てて一気に詰め込んで勉強していませんか?

もし暗記が得意であるのならばこの方法も有効かもしれませんが、高校の定期テストは科目も多く、範囲も広くなりがちなため、大部分の方々は一夜漬けなどで勉強しても思ったように点は取れないでしょう。

そこで、日頃から常に定期テストのことを考えることが重要だと言えます。

私の場合は、授業中はノートをきちんととる、先生が黒板に赤字で板書したものは覚えるという当たり前のことを徹底しました。

英語であるならば、教科書内の重要なセンテンスを覚えて、和訳と英訳どちらでもできるようにすることがポイントです。

よって、ノートにとったものはその日のうちに赤字で書いたものだけでも覚えておくのがよいです。

これをやっておくだけで、テスト直前の勉強スピードがかなりちがいますので、おすすめです。

また、英語担当の先生の出題傾向を把握しておくのも有効です。

私の場合は、英作文を出題するような先生ならば、そこに配点を多くするので、その勉強を重要視していました。

これは、先生によって対策が違いますので、自分の英語の先生の出題の特徴を理解しておく必要があります。

 

直前でやる箇所を残しておく

 

テスト範囲が分かるのはテスト二週間前ぐらいでしょうから、そこからの勉強法を考える必要があります。

英語だけ勉強すればよいわけでななく、しかもその英語も2科目あったりとなかなか難しいものです。

私の場合は、テスト範囲が分かると、英語は上記の重要センテンスの見直ししかやりませんでした。

それ以外のたとえば、教科書以外の単語帳からの出題範囲の勉強などはまだ手をつけず、その分他教科の勉強に時間を費やしたのです。

つまり、単語や連語など一日で覚えようと思えば覚えれるものは、テスト一週間前などの直前で一気に暗記したのです。

テスト範囲を直前にまるごと一気に詰め込んでも結果は出しにくいものですが、これならば労力を抑え、勉強スピードも速くできます。

私はこの方法で、高校時代は英語で3年間どの科目も評価5を取ることができました。

 

まとめ

 

定期テストの勉強法は、英語も基本は暗記が全てですが、その勉強法が重要だと言えます。

範囲内を一気にまとめて覚えるのは大変ですので、テストまでの日数に応じてメリハリをつけるのが有効です。

もちろん定期テストは英語だけではなく、他教科も疎かにできないので注意ですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*