高校生英語のセンター試験対策とは?得点力upのコツは?

センター試験対策英語

高校英語のセンター試験の勉強法と聞かれて、何をしたらよいのかわからない人も多いでしょう。

センター試験を利用する大学で、英語が受験科目に含まれないことはほとんどありません。

よって、センター試験で英語でよい点をめざすことは、受験生にはほぼ必須の課題になりそうです。

ここでは、私の経験を基に高校生のセンター試験に向けた勉強法をご紹介します。

 

問題に慣れて、苦手箇所を見つける

 

まずは、英語のセンター試験の出題形式を理解する必要があります。

また、センター試験の英語の出題レベルをチェックするのも重要です。

そのためには、何年分か過去問をやってみるとよいです。

何年分か解いてみると、おおよそどのようなことが問われるかわかってきます。

加えて、どのくらい自分の力が通用するのかもわかるはずです。

たとえば、ほとんど問題が解けない場合は、単語力、文法ともに基本的なものからやり直す必要があります。

そして、次にセンター試験の出題形式に合わせた勉強をするのがおすすめです。

私の場合、長文読解は得意でしたが、単語の発音や連語に不安があったので、センター試験レベルの単語を単語帳を使いながら、繰り返し勉強しました。

センター試験直前も単語を覚えることを徹底して、なんとか英語は約8割ほど点数が取れました。

よって、対策としてセンター試験の出題形式で苦手な箇所を勉強してくのがよいでしょう。

もし全く歯が立ちそうにないのならば、センター試験は基本的な事項しか問われないので、センター試験用の参考書や問題集などで基本事項から復習すべきです。

 

英検取得を目指すのもよい方法

 

受験まで時間に余裕があるのならば、英検の勉強をしてみるのもおすすめです。

出題が似ている箇所もかなりあるので、その勉強はセンター試験受験生にとって無駄にはなりません。

英検2級がおおよそセンター試験レベルの出題なので、これを目指すのがよいでしょう。

私も英検2級を高校時代に取得しましたが、その勉強がセンター試験にもかなり役立ちました。

特に、長文読解が英検の勉強のおかげでかなり得意になれたのはよかったです。

よって、英語の受験勉強で何か成果が欲しいときは、英検取得を目指すのがよいです。

 

まとめ

 

繰り返しになりますが、センター試験は基本事項しか問われないので、とにかく単語にしろ、文法にしろ基本的なものを覚えることが重要です。

また、私自身の個人的な目安として、英検2級取得できればセンター試験でも8割はとれます。

最終的には、センター試験の出題で自分の苦手な箇所を見つけて、それを克服す

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*